「高校生のための6時間でわかる気象災害講座」に参加しました(土砂災害のまとめ)

防災ショップを営んでいる身なので、文化の日に防災科学技術研究所が開催された「高校生のための6時間でわかる気象災害講座」に参加してきました。

ツイッターで防災や気象の専門家の方をたくさんフォローしているので気づくことができましたが、高校生のためだけではなく、一般の人にとっても気象災害について知るには良い機会だと思いました。実際150人ぐらいは参加されていましたが、高校生は20人程度だったようで、防災について知りたい人の方が進路の参考にしたい高校生より多かったようです。むしろなぜ高校生向けとした講座にしたのかと思うような高度な研究内容の報告だったと感じました。なんにせよ、豪雨、竜巻、浸水、高潮、土砂災害について発生原因や現在の予測技術について6時間もみっちり専門家から説明していただけたので、たくさんのことを知ることができました。これまでいくつもの防災関連の展示会でセミナーに参加もしましたが、今回がもっとも内容が広く、深く分かったように思います。

高校生のための6時間でわかる気象災害講座
https://www.omc.co.jp/saigai_kouza/
防災科学技術研究所
http://www.bosai.go.jp/

講座を受けた後、自分自身でも調べたことを何回かに分けて書いてみたいと思います。
今回は土砂災害について、まとめてみたいと思います。

国土交通省が報告している近年の都道府県別土砂災害発生状況(平成19〜26年)によると毎年約1,000件が土石流・地すべり・がけ崩れのような災害が発生しているようです。
7年ぐらいの報告からすると、たとえある年は土砂災害がなくても数年の間に必ず発生しているようです。
また、土石流なり地すべりが多い年は数十回ぐらい集中して発生しているのも興味深く思いました。おそらく長時間の豪雨があった年は同じような地形で同じような現象が生じやすくなるからだろうと考えられました。
したがって、豪雨により土砂災害が隣町で生じたときには近辺でも生じると考えた方が良いと思われます。
土砂災害
国土交通省砂防部 平成26年8月豪雨による広島県で発生した土砂災害への対応状況から画像引用

国土交通省 都道府県別土砂災害発生状況
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/taisaku_syojoho/dosyasaigai_hasseijokyo.pdf

次に内閣府の報告から、ある地域での雨量の経過と土砂災害の発生までを着目してみると1時間の降水量が100mmぐらいで2時間以上続く場合に土砂災害が生じている例が多いように思われました。実際土砂災害警戒情報もそれぐらいのタイミングで出されているようです。

内閣府 平成26年に発生した主な土砂災害
http://www.bousai.go.jp/fusuigai/dosyaworking/pdf/dai1kai/siryo1.pdf

気象庁 土砂災害警戒情報とは
http://www.jma.go.jp/jp/dosha/
大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに市町村長が避難勧告等の災害応急対応を適時適切に行えるよう、また住民の自主避難の判断の参考となるよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報で、都道府県と気象庁が共同で発表している。

今回参加した講座で説明いただけましたが、土砂災害は土の性質に大きく依存した現象ということです。
土はある程度の水分量までは強度が高まりますが、より多くなるとまた強度が低くなります。
したがって雨量が増えて土の水分量が増えると水を通しにくい層の上にある水を通しやすい層の強度が下がり、重力に対する抵抗力も小さくなるので層が滑って土砂崩れになります。
考えてみると、傾斜のある山で土砂が留まっていられるのは木の根や土の層自体の摩擦力が層の滑ろうとする力に抵抗できているだけなので雨が降り続ければ必ず崩れるのではと考えます。
実際日本では500年ぐらいのオーダーだとどの山も崩れているということでした。
どこでも崩れる可能性を考えて、豪雨が数時間続くなら前兆現象なんか確認するまでもなく、避難を考えなくてはならないと考えます。

防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/

品薄になっていた大人気の手動携帯洗濯袋 スクラバウォッシュバッグを追加入荷しました。
手動洗濯機 Scrubba wash bag
手動洗濯機(スクラバ ウォッシュバッグ)節水しながらしっかり洗濯機なみの洗浄効果

長期の避難生活への備えとして電気を用いない洗濯アイテムを用意しておいても良いかと思います。
海外旅行や長期出張でも荷物を減らせられるので普段からの使用でも活躍します。

商品ページはこちら→http://bosai-dash.com/?pid=90991665

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

Takeshi Ikeda

あちこちで地震や豪雨被害が最近何度もあり、気になる方もいるのではないでしょうか。異常気象が増え、どこの地域でも災害被害はひとごとではなくなってきていると感じます。 海外輸入を含めて他ではなかなか手に入らないこだわりの商品を提供できるようにいたします。

取扱ブランド